0794-62-0216

営業時間:9:00 - 18:00

0794-62-0217

【アイホームの取り組み】

①ZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)

 

②住宅の省エネルギー・認定低炭素住宅

 

③木造住宅の耐震診断・耐震改修

 
取り組み

①ZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウスの略)       


ZEH(ゼッチ)とは家で使うエネルギーを 0(ゼロ)以下にする住まいことをいいます。
快適な室内環境を保ちながら、住宅の高断熱化と高効率設備によりできる限りの省エネルギーに努め、
太陽光発電等によりエネルギーを創ることで、1年間で消費する住宅のエネルギー量が正味(ネット)
で概ねゼロ以下となる住宅のことをいいます。
我が国では「エネルギー基本計画」(2014年4月閣議決定)において、
「住宅については、2020年までに標準的な新築住宅で、 2030年までに新築住宅の平均で住宅の年間の一次エネルギー消費量が正味(ネット)でゼロとなる住宅(以下、「ZEH」という)の実現を目指す」
とする政策目標を設定しています。
(こちらのページもご覧ください:経済産業省 環境エネルギー庁)



断 熱:エネルギーを極力必要としない
   “夏は涼しく、冬は暖かい住宅”、高性能断熱材・日射遮蔽・高断熱窓
省エネ:エネルギーを上手に使う
  暖房・冷房・換気・給湯・照明等の省エネルギー化と使い方の工夫をする
創エネ:エネルギーを創る
 太陽光発電等によりエネルギーを創ることで、正味でゼロ・エネルギーを目指す


正味(ネット)で75%省エネを達成したものを Nearly ZEH 
正味(ネット)で100%省エネを達成したものを ZEH


アイホーム株式会社では受注する住宅のうちZEH(ネットゼロエネルギーハウス)が 占める割合を50%以上とする事業目標を掲げています。 実績報告:2019年度 ZEHは残念ながら0軒でした。
家族の健康を第一に快適な暮らしをこれからも続けていくために、ZEHは優先的に取り組むべき住宅です。 ぜひ一緒に検討していきましょう。


***********************************
☆お気軽に相談下さい!
***********************************
みなさまのお役にたてるよう全力を尽くします!
       

②住宅の省エネルギー・認定低炭素住宅           


住宅の省エネルギー基準について 建築物のエネルギー消費性能の向上に関する法律が、平成27年7月8日に公布されました。 建築物のエネルギー消費性能の向上に関する法律(以下「建築物省エネ法」という。)は、 エネルギーの使用の合理化等に関する法律で措置されていた300㎡以上の建築物の新築等の 「省エネ措置の届出」や住宅事業建築主が新築する一戸建て住宅に対する「住宅トップランナー制度」等の措置に加え、 新たに「大規模非住宅建築物の適合義務」、「特殊な構造・設備を用いた建築物の大臣認定制度」、 「性能向上計画認定・容積率特例」や「基準適合認定・表示制度」等を措置したものとなっています。
(建築省エネ機構 「住宅の省エネルギー基準」より抜粋)

アイホームでは、
省エネ住宅の設計・施工・監理を「平成25年省エネ基準」に基づいて既に取り組んでいます。
省エネ住宅の性能を確実に実施するため、
◎設計に関しては・・・

「住宅省エネルギー設計技術者講習」
修了証番号 : 兵庫県 014-28-C2-0043
◎施工・監理においては・・・
「住宅省エネルギー施工技術者講習」
修了証番号 : 兵庫県 014-28-C2-0053
修了証番号 : 兵庫県 014-28-C2-0194
以上の技術者講習を修了し、確実な省エネルギー住宅の実践に取組んでいます!

認定低炭素住宅とは
低炭素建築物とは、二酸化炭素の排出の抑制に資する建築物で、所管行政庁(都道府県、市又は区)が認定を行うものです。
●省エネ法の省エネ基準に比べ、一次エネルギー消費量が△10%以上となること。
●その他の低炭素化に資する措置が講じられていること。
以上の規定を満たす住宅として認定を受けた住宅が「認定低炭素住宅」です。
「認定低炭素住宅」の認定基準を満たすメリット
◆住宅ローン(フラット35)優遇金利 ◆所得税・登録免許税の軽減 ◆光熱費削減など。

↓詳しくはぜひ下記のページをご覧ください↓

◇一般社団法人 住宅性能評価・表示協会
◇国土交通省パンフレット(PDF形式)ダウンロード

低炭素住宅の設計・施工・監理は、アイホームにおまかせください!
省エネ性能満載の低炭素住宅でご家族との豊かな毎日を始めてみませんか。



***********************************
☆お気軽に相談下さい!
***********************************
ご連絡おまちしてます(^^)/

③木造住宅の耐震診断・耐震改修             


耐震チェックのススメ
昭和56年5月以前に建てられた住宅は旧耐震基準で建てられた建物の耐震性には不安があります。
一度耐震性のチェックをされるのはいかがでしょう? 建物の耐震改修というと大変な工事を想像されると思います。ただ改修(補強)の方法にはいろいろあります。 建物全てを骨組みだけにして根本的に耐震改修する方法から、一室だけを安全に避難できるよう耐震補強するという方法まで、 同じ建物が無いように改修方法も様々です。 住宅の耐震は建物を大きな地震に耐えるようにすることではなく、 その住宅に暮らす人々(大事なペットも含め)の大切な命を守ることです。
(参考:「耐震支援ポータルサイト」はこちら)

住宅の耐震を進めるため、耐震診断および耐震改修には公共団体の助成制度があります。
例えば兵庫県小野市では、耐震診断の費用には最大20万円の助成があり、耐震改修の費用に関しては、最大130万円の助成制度があります。
(小野市耐震化補助関係PDFはこちら)

アイホームでは、
耐震診断のご相談から耐震改修設計、リフォームを含めた耐震改修工事を行っています。
耐震診断・耐震改修を確実に実施するため、
◎「木造住宅耐震診断資格者講習修了」
◎「木造住宅の耐震改修技術者講習修了」の講習と各種勉強会を終了。
耐震診断・耐震改修技術者証(一般財団法人日本建築防災協会発行)
発行番号:W15-0127 有効期限:平成33年3月31日を取得しています。 みなさまの安全な暮らしを支えるため、住宅の耐震診断・耐震改修に取組んでいます!


***********************************
☆お気軽に相談下さい!
***********************************
『我が家は大丈夫?』『話だけでも聞いてみたい』など


Page top